Tシャツをスタイリッシュに着こなす方法

Tシャツを着たいものの、選び方を間違えると、太ってみえてしまうことがあります。今回はそんなTシャツを着る際に太って見えることを防ぐ3つの方法をご紹介します。

・サイズ
Tシャツ選びの際に最も注意すべきことは、サイズ選びです。細い人は細身のTシャツを選んでもよいですが、すこしお腹が出ている人が細身のTシャツを選んでしまうと、逆に太って見えてしまいます。少しお腹が出ている人はかえって、すこし緩めのサイズを選ぶことで体型を隔すことが出来るのでおすすめです。

・柄
実は柄によっては、太って見える柄というのが存在します。たとえば、ボーダー柄は横に伸びて見えてしまうので、避けるのがよいでしょう。心配な人は、一度試着で鏡を見てみるのがおすすめです。お店の鏡はスリムに見えたりするもので、すこしでも普段より太って見えたらその柄は避けるべきです。

・色
色には膨張色というのが存在します。特に白は太って見える膨張色なので避けるのが無難です。逆に黒は引き締まってみえる効果があるので、スリムなきこなしをしたい際には黒の服を選ぶのがおすすめです。きっと普段よりも痩せて見えるはずです。

これらの3つさえ間違えなければ、普段よりもスタイル良く服を着こなすことができます。是非、実践してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です